医学は日々進歩しています。


新しい薬も治療法も増え、
選択肢が広がりました。


だからといって、
病気にならないわけではありません。


医学の進歩と自分の健康は全く別の話、
だということです。


こんなにも進歩したのに、
病人は全然減ってはいないのです。


それは、病院や薬に頼りすぎて、
自分自身で健康管理をしなくてはという
意識が弱くなってしまっているのでは
ないかと。


病院は治療はしてくれますが、
健康管理の面倒までは見てくれません。

健康管理は、自分でするしかないのです。

官足法の足もみは、
自分の健康は自分で守る
という信念のもと、


長い間受け継がれてきた
健康法です。


と言いたかっただけなのですが、

なんだか堅苦しくなってしまいました。


あしもみやは、
全然堅苦しい感じではございません。


ゆるい感じで営業しておりますので
どうぞご安心ください。