*妊活の本は読めば読むほど悩む

山梨県甲府市*自然療法で体質改善をめざす
女性のための官足法・足もみ・足つぼ専門店

血流やリンパの流れをよくし、
臓器の働きを元気にして、
健康なからだへと導いていきます。

ご訪問ありがとうございます。
あしもみやの角田です。

妊活関連の本を、
今までに沢山読みました。

 

家に5冊あります。
書いてある内容の半分くらいは同じ
感じですが、

 

正反対のことも、
書いてあったりします。

 

図書館でも沢山借りました。

 

本屋に行くたびに、
最新号の本に目を通しています。

 

ですが、
読めば読むほど分からなくなります。

 

ある本には、

 

子宮が冷えていると妊娠力が下がる、
とあります。

 

多くの本に書かれているので、
ずっと子宮は冷えるものだと
思っていました。

 

しかし、別の本には、

 

そもそも、子宮は冷えない。
と言い切られています。

 

どちらも有名なドクターの本。

 

ドクター同士で意見が割れていたら、
素人の私たちにはどちらが正しいのか
わかりません。

 

しかも、

 

どちらとも、
なるほど!と納得できる理由だったり
するからです。

 

冷えているかもしれないし、
冷えていないのかもしれない
ということです。

 

食事にしてもそうです。

 

玄米菜食をおススメしている本も
あれば、

 

肉は血の材料になるから
積極的に摂ろう!という本も。

 

どちらも、
「これで、多くの女性が授かりました」
と書いてあります。

 

玄米菜食が合う人もいれば、
肉食が合う人もいるのです。

 

結局は、

 

赤ちゃんは授かりもの、
と言われるだけあり、

 

私たちが簡単にどうこう
判断できる領域ではないという
ことです。

 

じゃあどうしたらいいのか。

 

多くの本を読みながら
個人的に思ったこと。

 

それは、

 

一般的に言われている健康法を
続けるだけで十分。

 

なのではないかと。

 

 

食事:腹8分目、なんでもバランス良く。
        添加物、化学調味料はできるだけ避け、
        甘いものはなるべく少量に。
        冷たいものも控えめに。

 

睡眠:早寝早起き

 

運動:よく歩く。
         からだ全体をまんべんなく動かす。

 

そして、何事にも無理をしない!

 

 

妊活だから、
と特別なことをしなくても、

 

今の生活をしっかりと見直し、
今の自分の健康状態を把握し、

 

もっと身近なところから変えていく方法が
一番効果的なのではないかと思うのです。

 

まずは、ここを徹底しましょう。

 

もし、
何かを取り入れるのであれば、

 

修行のようなツラいことをせず、
自分が無理なく出来ることにしましょう。

 

医療的なアドバイスはできませんが、

 

あなたの生活習慣の改善すべき点
を客観的に見ることはできます。

 

そんなお話を、
皆さんにしています。

 

*からだが蘇る!足もみのご予約・お問い合わせ*
 Tel:080ー5492ー3444
住所:山梨県甲府市住吉
E mail:kofu.asimomiya@gmail.com
営業時間:10:00〜16:00
*ご予約は前日までにお願いいたします*