足のケアは後回しになりがちです。


顔は優しく丁寧に、さらにお金をかけるのに、
手などはこまめにケアをするのに、


その労力がなかなか足にまで届きません。


その理由の1つは
「視界に入らないから」です。


意識しないと、足裏、足指、足の甲、
膝、など見向きもしません。


毎日、あなたの全体重を受けとめ、
行きたい所に運んでくれ、
お世話になりっぱなしなのに、です。


と言われたら、
心優しいあなたは今すぐにケアをしたくなるはず、
です。


1日1回は見てあげよう、
と思うはずです。


その気持ちが未来の健康につながります。


毎日の足もみは「未来の自分の健康のため
なのです。