靴を揃えない人は出世できない。


そう何かの本で読んでから、必ず靴は揃えるようにしてきた。今現在、ある意味、社長になった。従業員はいないけれど。

我が家の男子には、靴を揃えるという概念が存在しない。

 

誰も出世できないのだろうか。

 

休日明けのリビング。
何かの間違いであってほしい地獄絵図のような光景が目の前に広がっている。


本が、リモコンが、コントローラーが、
それぞれの私物が散乱している。

 

私は物置に住んでいる。そう言い聞かせ、
綺麗な部屋への執着を手放した。

 

悟りに一歩近づいた気がする。