ご訪問ありがとうございます。
山梨県甲府市の女性限定、足もみ・足つぼ専門店
あしもみやの角田です。

薬に頼らず不調を解消したい!!
女性特有のお悩みを「足もみの力」で解決していく
ことを目指しています。

いよいよ身近なところでインフルエンザが流行って
きました!! 気をつけないと〜と思った矢先、
子供の学校から電話がありまして‥‥。
「子供さんが具合が悪くて歩いて帰れないので
お迎えに来てください」と‥‥。

ついに我が家もか‥‥と迎えに。
子供は真っ青な顔をして、グッタリ。隣にはバケツを
もった先生がスタンバイ!!
吐き気と熱が少し‥‥そしてお腹の具合が‥と本格的な
様子。これは久々に病院のお世話になるのかぁと
いう感じでした。

そうは言ってもドッサリ薬は飲ませたくないので
様子を見ることに。

国立本部にレッスンに通っていた頃、子供が
同じように体調を崩し、突然キャンセルしたことが
ありました。和智院長の忙しいスケジュールを調整
してのレッスンだったので申し訳ない気持ちで
電話をしたところ‥‥
「こっちは大丈夫だから、子供さんの足をよくもんで
あげてね!!」と優しい言葉をいただいたのが今でも
心に残っています。
その時から、子供の具合が悪い時はいつもよりじっくり
足をもむようにしています。

足もみ好きなうちの子供は真っ青な顔をしながらも、
もまれながらよく寝ました。
次の日‥‥
食欲と元気はありませんが、なんとかなりそうな感じ
がしたので、子供の自己治癒力を信じ、またまた
足もみをして様子を見ることに。

3日目にはほぼ復活しました!!

和智院長の著書「からだが蘇る!奇跡の足もみ」。
私は足もみで本当にからだが蘇ると思っています。

蘇るとは、1度おとろえたものが元気を取り戻すこと。
そう信じているからこそ、自分自身も足もみの仕事を
しているわけで‥‥

もちろん、早く病院に行った方がいい場合もあります
ので、全ての方にオススメするわけではありません。
とりあえず薬でも‥‥という程度でしたら、
とりあえず「足もみ」でも‥‥に変えてもいいのでは
と思っております。

ちなみにフィンランドではインフルエンザぐらいでは
病院に行かないそうです。行っても、ビタミンCが豊富な
ベリーのホットジュースを飲んで汗かいて寝るように!
と言われるそうです。「自己治癒力」これを待つという
治療法のようです。

人間にはもともと自分の力で悪いところを治すという力
が備わっています。もっともっと多くの人たちに「自己治癒力」
というものに目を向けてほしいと願っています。

足もみはまさにその「自己治癒力」を引き出す1つの方法
です☆

今日はクリスマスイブ☆
皆さん素敵な時間をお過ごしください‥‥

⚫︎ご予約・お問い合わせ⚫︎
☆TEL:080ー5492ー3444
☆Email:kofu.asimomiya@gmail.com