不調があるのに病名がつかない。
という状態はとても不安です。

どうしたらいいのか分からないからです。


病気ではないのに調子が悪い、ということは
、やはりどこかに負担がかかっていたり、
弱っていたり、疲れていたりするのです。

 

どうしたらいいのか分からない時こそ、
「足もみ」です。

 

足の状態から、からだの状態をみていき、
部分的ではなく「からだ全体」の調子を
上げて行くことが出来るからです。

第2の心臓である「足」を元気にして、
心の不安もからだの不調も取り除いていき
ましょう。

 

足からサポートいたします。