官足法の足もみ、
台湾式をベースにした流派の多くは、
左足を先に揉むように指導します。


心臓の反射区は左足のみ。
まずは血液循環に最も重要な心臓の機能を
活性化させるため。

陰陽説では、
左が陽で右が陰。


陽を助けると陰にも良い影響が
ある。


よって、
「左足から揉む方が効果的」と
考えられているからです。


しかし、
西洋式では右足から、という施術もあります。


さてどうしたものか?

どっちかが正解、
ということではありません。


どちらもそれぞれの理論に沿って
考えられているのです。


正解も間違いもない、ということです。


と考えるのはいかがでしょうか?


足の施術の良いところは、
副作用がないところです。


よって、どちらから揉んでも
体に悪影響ではないです。


そこは心配ないかと。


それよりも大事なのは、
左右バランス良く揉むこと」です。


片方揉んで力尽きて、もう片方は手抜きに。
となるとバランスが悪いです。


このようにならないために、
左右交互に揉む癖を付けると良いです。


左太もも→右太もも→左ふくらはぎ→
右ふくらはぎ→左足首→右足首


といった感じです。
そうしておけば途中でやめても
バランスが悪くなることはありません。


どちらから、
よりも「バランス良く」に拘りましょう。