昨日、炒め物をしまして。
フライパンからお皿に盛り付けをしている
時の出来事でした。


フライパンを持っている手の甲に、
勢い余ったキャベツが飛んできたのです。


熱い、熱すぎる。
でも今この手を離したら、炒め物がこぼれて
しまう。あいにくフライパンを置くスペース
がない。

でもキャベツが熱すぎる。
さあどうする、私。


と、瞬時の選択を迫られることに。


やはりここは主婦魂。
炒め物をこぼすわけにはいかない。
(作り直すのは面倒だから)

灼熱のキャベツに耐え、無事盛り付けが
終わったと同時に水道へ直行。
しかし時すでに遅し。


キャベツの形に水ぶくれになったのです。
痛い。非常に痛い。


そう子供たちに告げると、


次男「わざとらしいなぁ」

長男「確かに。いつもわざとらしいから、
冗談か本当かわからないよね」


おい。おまえら、炒め物食べるなよ。
とは言いませんでしたが。


いつもわざとらしい、と思われていること
が判明しました。だから無視されていたのか。


よくよく落ち着いて考えたら、
箸を適当にその辺に置いて、右手でキャベツ
を取ればよかったのか、と。