病院へ行くほどではないけど、なんとなく
調子が悪い、スッキリしない。

 

それは「健康と病気の中間の状態」です。

 

大丈夫です。
まだ病気ではないのです。今すぐにからだの
ケアを始めれば、ゆっくりと本来の良い状態に近づいていきます。

 

大事なのは「今すぐ」何かしらのケアや対策を行うことです。

 

先延ばしにすればするほど、調子を整えるのに時間がかかります。病気になればお金もかかります。

 

基本は食事・運動・睡眠です。
このどれか1つでも極端に乱れていると、
どんな対策をとっても良い結果にたどり着け
ません。

 

修行のように厳しくしなくても大丈夫です。
まずは意識して少しだけ変えてみましょう。
ここがスタートです。

 

なんとなく調子が悪い方は、足が冷えている、むくんでいる、パンパン、だるい、疲れが取れない、と感じている場合が多いです。

 

巡りが悪くなっている、ということです。

大丈夫です。ここは「足もみ」でしっかりと
サポートしていきます。

 

生活習慣を見直し、改善し、足もみをする。
これだけでかなり体調が変わります。

 

あとは、やるかやらないか、です。
さて、どうしましょうか?

 

あなたにお会いできる日を楽しみにしております。からだについて色々お話しましょう。お話しが苦手な方は無言でも大丈夫です。