あらゆる器官や臓器と関連がある反射区が集まっている
足裏のどこを揉んでも痛いのは、
からだのあちこちが悪いということなのか?


と心配されている方が、
もしかしたらいらっしゃるかもしれません。


落ち込まなくても大丈夫です。
軽い不調でも反射区に広く反応が出ることがあるのです。


各器官が元気に働いていない可能性がありますよ、
というお知らせです。


慢性的な不調をお持ちの方であれば、
「これ以上悪化しないようにしっかりとケアと養生を
してくださいね」ということです。


特に現時点で不調を感じていない方は、
「今の生活を続けていくと不調が出てくる可能性がありますよ」
というメッセージです。


それを「痛み」で教えてくれているのです。


足もみをコツコツ継続していくと、
この痛みは少なくなっていきます。同時にからだの調子も
本来の良い状態に近づいていきます。

 

逆に、どこをどんなに揉んでも痛くも痒くもない、
という場合もあります。


これは、100%健康!か、
老廃物が溜まり過ぎて痛みを感じないかの
どちらか、です。


大半が後者です。


前者にはお会いしたことがありません。
何十年と足もみをやっている先生も、
今まで数人にしか出会ったことがない、と
おっしゃっていました。


その貴重な数人に共通していることは
「今までほとんど薬を飲んだことがないこと」
だそうです。


私は若い頃にたんまりと飲んでしまいましたので、
永遠に足もみの日々、です。