45歳を過ぎたら、毎日どこかが調子悪い。
そんな話題がよく出ます。


大丈夫です。あなただけではありません。
周りも私も一緒、です。


45歳前からでも、大なり小なりどこかが調子悪い
と感じている女性は多数です。

頭痛、肩こり、腰痛、冷え、むくみ、
肉体疲労、眼精疲労、イライラ、婦人科系の不調、
気分の上がり下がり、など様々です。


それだけ「女性の体調は揺らぎやすい」
ということです。


今から完璧な健康体を手に入れるのは無理です。
と思っていた方がいいです。


その代わり、
小さな不調とうまくお付き合いし、
大きく体調を崩さない方法はあります。


「自分のからだの正しい取り扱い方法」を守ることです。

40年以上も生きていれば
それくらいは知っているはず、です。


〜すると調子が悪くなる。
〜すると疲れる。
〜した後に体調を崩す。


何かしら法則みたいなものがあるはずです。


これらをなるべく避けるようにしていけば、
大きく体調を崩すことはありません。


避けないから体調が悪くなるのです。


いまいちそこが分からない。
そんなあなたは私と一緒に見つけていきましょう。

足から、会話から探っていきます。


小さな不調の対処法は「足」のケアで対応できます。


個人の不調に合わせて、
ケア方法をアドバイスいたします。