日本で唯一の「足」の総合病院の
先生方によると、


足の耐用年数はおよそ50年、
だそうです。


耐用年数とは、
何をしなくても元気なままでいられる年数、
というイメージです。


実際に、50歳を境に足の不具合を訴える方
がグッと増えるのだとか。


ということが、
情報として世に出ているのです。


何とありがたいことでしょう。


だったら、
50歳前から足をしっかりとケアをしておけば良い、
ということです。


もう50歳を過ぎてしまいました、
とガックリした方。


大丈夫です。
足のケアはいつから始めてもしっかりと
変化を感じられます。


遅すぎる、ということはないのです。


また、
早すぎる、ということもありません。

いつまでも元気に自分の足で歩けるように。
しっかりとケアをしておきましょう。

「足もみ」にそのお手伝い、お任せください。